Knock on the door

IT系営業マン時々ベーシスト。日常の事や好きな事をだらだら書いていきます。

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を観てきた。

f:id:seamoscream:20160326225859j:plain

こんにちは。

今日は以前から気になっていた「マネー・ショート」を観てきました。

ウォール街を出し抜くというよりは、ウォール街の不条理を見抜いたって感じでした。

 

このリーマン・ショック、ごちゃごちゃと難しい言葉で論じられていますが

結局のところ

低所得者向けのローン商品(サブプライムローン)をまとめて、セット売りする。(CDO)

・この金融商品の審査は甘々。

・高い金利がつく。

低所得者向けのローンなので当然支払い能力は低い。

・地価が上がると手放す(売る)人たちが出てくる。(アメリカの地価は上がっていた。)

・貸したお金が返ってこない。

・当然焼け付いて破綻。

 

っていう、シンプルで愚かな出来事です。

時限爆弾付き商品を、投資銀行やら格付け会社やら保険会社やらがグルになって売りさばいて儲けていたわけです。

よく考えればわかる単純なことなのに、そんなもんを信じていたなんて、ウォール街はおかしかったんでしょうね。それとも騙す側がとびきりうまかったのか。

 

主人公たちは、この金融商品や儲けの仕組みがおかしいことに気づいたわけです。

でも周りに「おかしい」と言ってもみんな鼻で笑うだけ。

最終的に自分を信じた主人公たちは勝ちます。サブプライムローンの崩壊とともに。

多くの人が財産や家を失う中で。

なんとも虚しい勝利です。

大衆が常に正しいとは限らないですよね。むしろ、間違っていることの方が多い。

しかも残念なことに大衆のほとんどは、コントロールされている。

 

考えさせられました。

 

ちなみに経済を映画で勉強したいなら「インサイド・ジョブ」という映画もおすすめです。

 

 

やっぱり経済は面白い。