Knock on the door

IT系営業マン時々ベーシスト。日常の事や好きな事をだらだら書いていきます。

就活に役立つ、意外と知られていない面接のコツ

今日は就職活動に励む学生さんや転職活動を行なっている方向けに

 

面接のコツをお伝えしたいと思います。

 

 

たくさん面接練習したのに思ったように話せなかった

自分の気持ちを精一杯伝えたはずなのになぜか落ちてしまった

自分がどんな人間か自己アピールしまくったのにどうしても次の面接に行けない

 

 

といった悩みを持たれている方も多いと思います。

 

こういう理由の分からない敗北感は負のスパイラルを生み出し、結果として自信を失くしてしまったり、やる気を失ってしまう原因となります。

 

ですが、そういった問題は努力のベクトルを変えることですぐに解決できます

 

 

 

 

さて、皆さんは企業の面接官は一体、何をもって合否判定をしているのだと思いますか?

 

学歴や成績?

話している内容?

経験や能力?

 

 

 

全然違います。

 

答えは

 

 

 

 

 

 

 

動きと声の調子です。

 

 

 

 

 

皆さんは「メラビアンの法則」を知っていますか??

コミュニケーションに関する実験なのですが、

メラビアンが行なったその実験では

人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかについて

 

話す内容のような言語情報が 7%

口調や話す速さのような聴覚情報が 38%

見た目などの視覚情報が 55%

 

という結果を出しました。

 

つまり、人が相手を判断するとき

視覚情報半分以上を占め、次に聴覚情報、最後に言語情報といった具合になるのです。

 

このメラビアンの法則と、就職活動を照らしあわせると1つだけわかることがあります。

 

言語情報、つまり

あなたが話した内容について

面接官はほとんど聞いていないのです。

 

とても残念なお知らせですが、実際こういったことが面接の場では起きています。

 

 

極端なことをいえば、

ブサイクよりイケメンや美女の方が面接をパスしやすいということです。

 

クソムカつきますね、メラビアンの法則

 

 

だからといって、すぐに美容整形に行くのはやめましょう

 

 

 

これからお伝えする3つのポイントに少し力を入れるだけで

今よりも面接で合格する確率が上がります。

 

 

その3つのポイントとは

 

  • 部屋に入る時と、出る時に全力を注ぐ。
  • ゆっくり話す。
  • 落ち着いた動作を心がける。

 

これだけです。

多分この3つがちゃんとできれば最終面接には行けます。多分。

 

 

 

 

 

その1.部屋に入る時と、出る時に全力を注ぐ。

 

 

これは、僕が就活生の時、新幹線の喫煙ルームでたまたま出会った某大企業の面接官から教わったテクニックでもあります。

本当にたまたま出会って教えてもらったのですが、なるほど、と思わず唸りました。

 

みなさん、人の好き嫌いってありますよね。この人好きだなとか、逆に生理的に無理だなとか。

一目惚れもそうです。

 

前述したように、この理解しがたい感情の働きが、面接の現場で起きています。

出会った瞬間、どんな人間なのか、視覚情報の処理が始まるのです

 

つまりドアを開けて、出会った瞬間に勝負が決まるということです。

 

ですので、ドアを開けて、一礼して一言

「失礼します」

全力を注いでください

 

具体的には

美しい礼を心がける

はっきりと元気よく挨拶する

フラフラしない

 

といったところに気をつけましょう。

人生で心から頭を下げたこと、何度かあったと思います。

 

一生のお願い、留年がかかっているので単位がどうしても欲しい、バイトのシフトを代わって欲しい、大事な日に遅刻して申し訳ない、助けてもらって本当に感謝してもしきれなかったetc...

 

それです。そのお辞儀をしてください。

面接官が感動するくらいのお辞儀をするのです。そうすれば第一印象、視覚情報は大丈夫です。

 

 

 

 

 

その2.ゆっくり話す。

 

 

これはセールストークやスピーチのでもよくあるテクニックなのですが、

できるだけゆっくり、落ち着いて話すことです。

 

みなさんは政治家の演説を聞いたことがありますか?

実は彼らもゆっくり話すテクニックを使い、聴衆の心をコントロールしています。

また、さらに声色を変えて、強弱や高低をつけて相手を惹きつける技術も使います。

よく聞いてみてください。

全然大したこと言ってないですから

 

実はゆっくり話すことで、相手は自然とこちらに耳を傾けてくれます。

さらに、ここで声のトーンを少し低くすると効果的です。

落ち着いた印象、大人な印象を持ってくれます。また言葉も耳に残りやすくなります

相手の聴覚情報の処理の中で、「こいつはできる奴だ」「この子の話は聞きやすい」

ということを刷り込むことができます。

 

この練習はできれば社会人の先輩に付き合ってもらうと良いです。特に人と関わる仕事をしている人がいいです。

自分が気付かなかった点や、ためになるアドバイスがもらえると思います。

 

 

 

 

 

その3.落ち着いた動作を心がける。

 

 

最後のコツですが、そのままです。

とにかく落ち着いて動いてください。緊張して覚えたことを忘れそうでパニックになるかもしれませんが、できるだけ、ゆっくりとひとつひとつの動作を落ち着かせるように心がけてみてください。

 

面接官は人間、我々と同じ動物です。

素早い動きや不審な動きは相手に警戒心を与えます。

サバンナだと変な動きをした草食動物は肉食動物に瞬殺されますよね。同じです。

 

早口だったり手足をゴソゴソと動かしていたりすると、悪い印象を与えてしまいます。これではせっかく話したいことを準備してきても、全く聞いてもらえず、努力が全て水の泡です。

 

ゆっくりと落ち着いた動きで、相手の警戒を解く、もしくは相手に安心感を与えることができれば、面接時の会話もスムーズにいきます。

なおかつ、自分の緊張もほぐれるはずです。

 

 

 

3つのポイントいかがでしたでしょうか。

努力のベクトルを変えれば、難しかった面接も絶対にうまくいきます。

自分が頑張ったこと、学んだことを相手にしっかりと伝えるために、是非心がけてみてください。

 

 

以上、就活に役立つ、意外と知られていない面接のコツでした。

 

 

ありがとうございました。